NIST フレームワークとの連携でサイバーセキュリティを強化

Armis は、重要インフラのサイバーリスクを特定、管理、低減するという NIST サイバーセキュリティフレームワークの最重要指令に合致しています。

コンピューターで作業するプログラマー

IT/OT コンバージェンスは、すでに業界を変革しています。次に来るのは?

NIST サイバーセキュリティフレームワークを企業向けに導入する

多くの組織が、米国国立標準技術研究所 (NIST) のサイバーセキュリティフレームワーク (CSF) を採用して、サイバーセキュリティの現状を概説し、セキュリティ態勢を強化しようとしています。このフレームワークは、サイバーセキュリティのリスクを理解および管理し、それを社内外のステークホルダーに表明するためのサイバーセキュリティガバナンスのベストプラクティスを提供します。これを Arims と併用することで、お客様の環境におけるサイバーセキュリティのリスクを低減するためのアクションを特定し、優先順位を付けるのに役立てることができます。

NIST フレームワークの図

識別 – 保護 – 検出 – 対応 – 回復

NIST の機能は、基本的なサイバーセキュリティ活動を最高レベルで整理します。それらの機能とは、識別、保護、検出、対応、および回復です。組織はこれらの機能を活用して、情報を整理し、リスク管理の意思決定を可能にし、脅威に対処し、過去の活動の学習を活かして改善することにより、サイバーセキュリティリスクの管理を表明します。

制御装置に向かう工場労働者
プラットフォームフレームワークのアイコン

すべての資産を可視化して、保護する。コンプライアンスを維持する。

Armis プラットフォームは、重要インフラアセットとそれに関連する活動に対する包括的な可視性、セキュリティ、およびコントロールを提供します。

Armis は、NIST フレームワークに準拠し、以下を提供することで重要インフラのリスクを低減するよう支援します。

  • 360 度の可視性
  • アセット管理
  • 脅威の検出と緩和
  • リスクベースの脆弱性管理
  • 設定のコントロール